Vantan Design Institute Career College

menumenu

ホーム

東京校
0120-38-8774
大阪校
0120-75-7333

パンフレット請求

コースについて

HOME > コースについて [コース一覧] > 映画・映像コース [映画・映像ディレクターコース]

映画・映像コース
FILM & MOVIE DEPT.
映画・映像ディレクターコース

映画・映像ディレクターコース

  • 週1回
  • 社会人
  • 大学生
  • 初心者
FILM & MOVIE DERECTOR | 映画・映像ディレクターコース
基礎カリキュラムでは、業界標準のAdobeソフト(Photoshop/Illustrator/Premiere)の基礎を学びます。また、脚本の書き方・機材の使い方を習得します。応用カリキュラムでは、クライアントニーズに沿った的確なカメラワーク・映像編集効果(After Effects)のスキルを学びます。

カリキュラムについて

基礎
脚本基礎
脚本の書き方・機材の使い方を習得します。映像企画立案方法・ト書き・セリフ文など、脚本構成における基礎知識を学びます。
映像分析基礎
時代の流れや背景と自らのアイディアを掛けあわせた魅力的なストーリー展開を考えられる映像分析力を身に付けます。
撮影実習基礎
撮影実習を通してカメラの基礎知識、様々なシチュエーションに対応できる撮影技術を習得します。
撮影/照明知識
撮影/照明に必要な機材と用途を学び、映画・映像における効果を理解し分析できる知識を身に付けます。
応用
照明/音声技術
実際の撮影現場を意識した照明活用方法、音声録音方法を学び、様々なシチュエーションでのテクニックを習得します。
脚本制作応用
ドラマ制作・番組制作・WEB配信など様々なシーンに対応できる脚本制作スキルを身に付けます。
撮影実習応用 (CM・ショートムービー)
撮影・照明・録音の応用スキルを活かした実践スキルや、編集・加工することを想定した撮影手法といった応用力を身に付けます。
演出スキル
イメージ転換するための技術を学びながら、様々な映像を分析し、アイディアを捻出できる発想力を養います。
オリジナル映像制作
自身のオリジナル映像作品を制作します。ポートフォリオにも活用できる作品制作により実践スキルを身につけます。

通学スケジュール

東京校

通学曜日 日曜日:1限目~8限目 9:30~18:20

 

大阪校

通学曜日 土曜日:1限目~8限目 9:30~18:20

学費について

期間
6ヶ月(週1日・基礎) /6ヶ月(週1日・応用)
学費

6ヶ月コース(基礎)

授業料:50万円 設備充当費:7万円 実習費:3万円 学費合計(税込):60万円

 

 

1年間コース(基礎&応用)

授業料:85万円 設備充当費:10万円 実習費:5万円 学費合計(税込):100万円

 

 

※別途入学金:5万円、教材費がかかります(通学コースにより異なる)。

詳しくは各校舎の入学事務局までお問い合わせください。

校舎
東京校・大阪

目指せる仕事・働き方

ミュージックビデオディレクター
ミュージシャンが楽曲を発表する際に制作する映像作品のディレクションを行います。作品の 良し悪しが、音楽セールスにも多大に影響するため人気の映像作家が多く活躍するフィールドです。
映像ディレクター
ドラマ・PV・CMなどジャンルを超えて映像のディレクションを手掛けるクリエイター。様々な状 況に対応できるよう映像技術に関して、広い知識と相手とコミュニケーションが取れるビジネス力が必要です。
映画監督
監督は映画に感動を注入する映画作りの中心人物。コンセプト・テーマ・脚本をもとに演出プ ランを作りあげていきます。すべてにおいて責任を持つため、映画に関するあらゆる経験を積む必要があります

卒業生紹介

卒業生一覧

卒業生一覧

講師紹介

講師一覧

講師一覧

関連情報

ニュース一覧

コースについて
映画配給宣伝コース
映画・映像ディレクターコース
コース一覧

pagetop