Vantan Design Institute Career College Vantan Design Institute Career College Vantan Design Institute Career College
東京校0120-38-8774 大阪校0120-75-7333
トップページ

スクールニュース

HOME > スクールニュース > インタビュー > グラフィックデザイン&アートワークコース卒業生・若月彩音さんがJAGDA国際学生ポスターアワード入選!

インタビュー
  • グラフィック・デザイン・Web
2019.12.15
グラフィックデザイン&アートワークコース卒業生・若月彩音さんがJAGDA国際学生ポスターアワード入選!

20199月にバンタンデザイン研究所 キャリアカレッジグラフィックデザインコース、アートワーク&イラストコースを卒業した若月彩音さん(24)。

 

なんと!在学中に応募した、公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)主催「国際学生ポスターアワード2019」に入選しました!応募総数1,776点(累計2,593点)もの作品が、21カ国・地域からエントリー!また、入賞・入選した全213作品は国立新美術館で展示されました。展示室で若月さんにインタビュー!

 

 

<作品のこと>

――まずは、作品について教えてください

 

「『LINE』というテーマだったので、コミュニケーションアプリの『LINE』をイメージしました。今の時代は、携帯でつながっていられる長所も短所もあるというメッセージを表現しています。タイトルは『全ては繋がっている/Everything is connected』です」

 

 

――応募したキッカケは?

 

JAGDAに入賞したら履歴書に書けるよ、と講師にアドバイスをいただいたのでチャレンジしてみようかなと。ポートフォリオにもチャレンジしたことは書けるなと思いましたし、『LINE』というテーマなら描けそうだなと直感的に思ったので。コンペに応募するのは今回が初めてです」

 

 

――そうなんですね!制作期間は?

 

6月末から作り7月には納品したので、実質1ヶ月もなかったです」

 

 

――どののようなイメージで作られたのでしょうか?

 

「最初は人と繋がっていられるポジティブなイメージでしたが、私自身もSNS疲れすることがあり時にはネガティブなイメージにも。アナログだけで繋がっていられるのもいいなと思うので、日によってイメージも見え方も異なりますね」

 

 

――何のソフトで描いていますか?

 

「元は画用紙に油性マーカーで一筆書きしています。次に描いたものを読み込んで、イラストレーターやフォトショップで加工しています」

 

 

――受賞したときの気持ちは?

 

「入学するまでイラレというソフトも知らなかったので、正直『まさか!』という感じでした。でもこんな風に展示されて嬉しいですし、自信になりました」

 

 

 

<バンタンデザイン研究所キャリアカレッジのこと>

 

――そもそもですが、なぜバンタンデザイン研究所キャリアカレッジを選ばれたんですか?

 

「学費が安かったのと、週1で通わせてくれる社会人コースはバンタン以外に少なかったので、いくつかの候補の中から選ばせていただきました」

 

 

――両立しやすかったですか?

 

「そうですね。安来講師のように時間がある時はたくさん点数を出して、ない時は課題量を少なくてもチェックしてくれるなど、フレキシブルに対応してくれるのが有難かったです」

 

 

 

 

――お仕事とスクールとの時間配分はどのようにしていましたか?

 

「仕事が休みの日を課題の日にしていました。以前はアパレルで働いていたのですが、店内のマネキンを変える日が週2日あって……。23時から翌朝の8時までの夜勤だったので、その後に課題をするのはキツいなと。休憩時間中にイメージを考えて、それを落としこむのは休みの日と決めていましたね」

 

 

――なるほど。クラスは何名でしたか?

 

20名弱です。みんな仲良くて、卒業する前にグループ展をやりました。17名くらいで原宿のギャラリーを貸し切って2日間作品展示を行いました」

 

 

――横のつながりができて良かったと感じますか?

 

「めちゃくちゃ思います!バンタンに入る前はクリエイティブな人と関わる機会がなかったですから。グループラインで、同級生に仕事のアイデアをもらうこともありますし、息詰まったときにみんなに相談できるのは嬉しいです」

 

 

――両立するポイントは?

 

「社会人コースは週1しか通えないので自分のモチベーション次第ですごくできることが変わってくると思います。忙しくても課題はしっかりやったほうがいいです。やっていないと授業についていくのも大変だと思うので」

 

 

――苦労したことは?

 

「時間を捻出することには悩みました。前職の店長にも『辞めるか辞めないか。時間がないとJAGDAに応募しているような学生に追いつけない』と相談してアドバイスをもらいました。社員を辞めて、自分のしたいことの為に時間を作ろうと決めたんです。今は、リユースショップでアルバイトしながら作品を作っています」

 

 

 

<これからのこと>

 

――今後、どのような仕事をしていきたいですか?

 

「先月までデザイン会社でインターンをしていましたが、今はアーティストとして活動しつつ、ピアスを作って販売しています。友だちから、チームのロゴやネットショップのロゴを作ってというお仕事の依頼をいただくこともあります。前職を辞めたことに後悔はしていなくて、日々、色々なアーティストとのつながりが広がっているのを感じますね。これからは好きなことに全力で取り組んでいきたいです。ピアスも、ただ販売するのではなく想いや考えといった部分も作品にのせていき、より多くの人に知ってもらう機会を増やしていきたいです」

 

 

――ありがとうございます。仕事との両立に不安を抱えている人にアドバイスを。

 

「できる範囲でやりたいことがあるなら、我慢せずにやったほうがいいよと伝えます。賞もいっぱい応募したほうがいいと思います!」

 

 

 

 

また、インタビュー終盤には素敵な偶然が!

作品を鑑賞しに来ていた安来明宏講師と、金賞を受賞した同級生チェ・ヨンジュさんと合流することができました!!卒業後の予期せぬ再会に、みんな大喜びでした!

 

 

 

 

改めまして、若月さん、おめでとうございます!!

 

PROFILE

2019年 バンタンデザイン研究所 キャリアカレッジ グラフィックデザイン・アートワーク&イラストコース卒業。

 

【JAGDA国際学生ポスターアワード2019 入選作品発表ページ】

ご予約はこちらの予約フォームまたは、お電話にてお問い合わせください。

※フォームからご予約の方には、ご予約内容の確認・準備物等のご連絡のためお電話もしくはメールにてご連絡をさせていただきます。

pagetop